Followers

平成23年5月18日水曜日

8 may 2011

Matthew Ward

May 8, 2011 

DNA操作、オサマ・ビン・ラディンの嘘、母の日

1. マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。あなたたちの線形(リニアル)時間では計り知れないはるか昔、人 類の細胞構造はクリスタル(ケイ素)で成り立っていてDNAは24鎖もありました。何世代にわたって、闇の人間たちは細胞内の光を減少させてある人類の遺 伝子構造を操作し、ついにそれらを炭層構造のわずか二つのDNA鎖にしてしまいました。闇の勢力は、免疫系が弱くあらゆる病気に罹りやすい、大幅に寿命を 短縮された、完全にスピリチュアルな明晰さを失い、そして徹底的に頭脳能力を制限された人類をつくることに成功しました。健康、寿命、スピリチュアルな気 づきそして知性を大きく失うことが、第三密度世界の人々の宿命になったのです。

2. このことはすべて霊体(スピリット)の魂たちは知っていることです。ですから、どうしてわざわざ第三密度の文明社会へ何度も何度も何度も生まれるこ とを選ぶ魂たちがいるのでしょう?彼らがそうするのは、ほかの転生で闇の支配にはなくてはならないはびこる怖れ、無知、嘘、闘争を克服することなく、それ に屈服してしまったからなのです。毎回、転生を供にすることを願うほかのすべての魂たちと役割を合意して第三密度のカルマ学習を成就することを選ぶので す。そうすることで、全員がバランスある経験を積み、スピリチュアル(霊的)にまた知的にはしごを登ってもどり始めることができるのです。毎回、魂たちは 今度こそすべての幼児が持って生まれる光を自分たちのパーソネージ(転生する人間)にしっかりと持ち続けるのだと確信してやってくるのです。

3. ところが、闇がはびこる世界をうまく乗り切ろうという彼らの決意も、そのような低い密度の状況に生きざるを得ない現実に何度も何度も挫かされてきた のです。そうやって数千年間、地球の住人たちは知らない内に地球にいる闇の勢力の手先たちによって繰り返される嘘の虜になってきました。いつのときでも、 魂からのメッセージに耳を傾けその真理を語るわずかな数の人間たちがいましたが、それらの声は押しつぶされたり、その真意を曲げられたりされました。そし て嘘とそれから派生した莫大な量のネガティビティ(破壊的エネルギー)の支配がつづいたのです。

4. あなたたちの時間で約70年前、その破壊的な繰り返しを終えるために地球が助けを求めて叫びをあげました。それに応えて、最高宇宙評議会が彼女(地 球)を第三密度から移行させ第五密度に復帰させるマスタープランをつくりました。溜まったネガティビティによって彼女のからだが下落しても、そこが地球の 魂の故郷であり、そこにそれは残っていたからです。そのプランにはほかの宇宙文明社会からの進化した存在たちと地球の選ばれた人たちとの共同の取り組み と、この惑星が第三密度から抜け出る2012年末のタイムテーブルが入っていました。時間・・実際には全体を支配しているエネルギー波動・・が日ごとに加 速していても、地球がその黄金時代と呼ばれる入口に到達する時間は間違いありません。

5. ”当局”が繰り返し言っていることを今でも何でも信じて行動している地球住民たちは別です。光を受け入れる人たちの数は増加しています。でも、真理 への無知から、ほかの多くの人々が今でも”闇の中”にいます。その住民すべてに対する愛から、地球は全員に第四密度まで一緒に行ってほしいと願っています が、そのためには彼らは光を受け入れなければなりません。そうすることで、地球がいま急速に近づいている高い波動領域の中でも彼らの肉体は生き残れること ができるのです。

6. 光の勢力の先頭に立っている地球上と地球外のメンバーたちは、急速にたくさんのことを成し遂げる必要があることを理解し、それには真実を明らかにす ることから始めなければならないことで一致しています。そうすることで、世界の再生と平和を成就するためにすでに計画されている変化を人々が要求するよう になるでしょう。メンバーたちは真実の公開には一時も無駄にできないことで一致しています。イルミナティはその真実を知った人たちを暗殺し、あるいは笑い 者にして学界から追い出し、またそれを信じる人たちを”陰謀論者”とラベルを貼って真実を隠して来ました。

7. メンバーたちはまた、人々の関心を引くためにはなにか劇的なことが必要だということに一致しました。けれどもこれはあなたたちの世界ですから、それ が何になるかはあなたたちの指導者たちが決めることです。あなたたちの中にほかの宇宙文明人たちがいることを適切に発表するには、まだたくさんの細かいこ とを解決する必要がありました。また真実をすべて単刀直入に伝えるべきだという意見は却下されました。それはどれから最初に明らかにすべきかまだ一致して いなかったからです・・つまり、土手からどの指をまず抜くかということです。ある人たちは、それには”911事件”の首謀者とされているオサマ・ビン・ラ ディンの死を公表するのがもっともよいだろうと考えました。彼らは、それを公表することでほぼ10年前のあの日の恐ろしい出来事にまつわる真実を明らかに する方向に仕向けられると思ったのです。それは、ビン・ラディンが生きている限り誰も安全ではないと何度も言われ、それを信じてきた人々の怖れをなくすこ とにもなるでしょう。

8. その提案がなされて初めて、グループの何人か、それにはオバマ米大統領も入っていましたが、とそれに激しく反対した数人が、その男がすでにほぼ10 年前に死んでいる事実を知りました。でも、世界の注目を得るほかのよいアイデアをだれも考えつかなかったので、”ビン・ラディンを殺す”ことにし、後で一 般に対してどうしてそのことが公表されるようになったか経緯を説明することに大多数が賛成したのです。

9. よい結果を得るための嘘は、悪い結果になってしまう嘘よりも”よい”かどうかは議論の余地があるでしょう。その決定を判断することは僕たちの意志で も目的でもありませんし、ましてやその決定をする人間たちを判断することも同様です。ただニルヴァーナの地球モニター係から僕たちに与えられる情報を伝え るだけです。彼らはその決定への説明がどうなるのか、責任者たちがまだ次のステップへの戦略を検討中なので、知りません。

10. これがどのような結果になろうとも、来年の終わりまでには光が闇を地球からすべて駆逐しているでしょう・・これは地球のアセンションが始まってか らかならずそうなるとされていることです。あなたたちは、ビン・ラディンの話を容認するのでも否定するのでもなく、その意図・・改革が迅速に進むようにす べての真実解明を速めること・・にあなたたちの光を送ることによって、ライトワーカーとして最大の貢献ができるのです。さらなる緊急性を自覚している指導 者たちにとってのその意図とは、地球と一緒に肉体を持って行くことが魂の合意で選んだことならば、それが手遅れにならないように真実の中に光を見出すチャ ンスをだれもが持てるようにすることです。

11. あなたたちの世界では今日が母の日ですね。一生の責任というもっとも厳しい要求を引き受けることに同意したこれらの魂たちを僕たちも一緒に敬いたいと思います。

12. この宇宙全体のあらゆる光の存在たちの愛があなたたちの光のパワーを高めています。そしてたくさんの神の使いたちがあなたたちと一緒に歩んでいるのですよ。

                             _________________________
愛と平和を
Suzanne Ward
Website: The Matthew Books

訳文責: 森田 玄


MATTHEW BY Suzy Ward
www.matthewbooks.net- ALL TRANSLATIONS
http://livrosmatthew.blogspot.com - PORTUGUÊS (PORTUGAL)

23 April 2011

Matthew Ward

 April 23, 2011 

ハトン:日本の原子力施設/放射能/支援、HAARPとテクノロジー; マシュー:怖れの普及と影響; ラザラス:さまざまなETの助け; メンタ:文明構造と支援; マシュー:多次元自我

1. マシューです。この宇宙領域にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。まず、僕たちの友人で同僚でもあるハトンを呼んで、たくさんの人 々の胸にあるもっとも差し迫った問題について話してもらいましょう。日本の原子力施設の状況が安全に収束できるだろうか?それによってどのような長期的な 環境への影響が起こるのだろうか?その放射能のレベルは生命にどれだけ危険なのだろうか?

2. ハトンです。みなさんに安心してもらうために来ました。大丈夫ですよ。状況は安全に収束可能ですし、かならずそうなるでしょう。そして長期にわたる 影響もまったくないでしょう。しかし、いまのところはどのように封じ込めるかが問題です。私たちの科学者たちが原子炉施設にいる作業員たちと現場周辺の関 係者たちのこころに、破損した原子炉のメルトダウンを防ぐためにできることを吹き込んでいるところです・・彼らはその吹き込まれるプロセスを自分たちの” 発案アイデア”とか”直感”だと呼ぶことでしょう。宇宙空間にいる乗組員たちと共同で、原発施設近辺にいる私たちの少人数の宇宙船乗組員たちが放射能を可 能な限り減少させています。そして宇宙船にあるテクノロジーで原子炉の放射能を最小に抑える助けをしています。

3. いま起きていることについて別のまだ広く知られていないことがあります。あなたたちの科学者たちは、放射能が破壊され、あなたたちの計器でもその影 響が検出されない波動領域軌道に地球が入っていることを知りません。当然のことですが、それらの計器は地球では未知の因子を検出するようにはできていませ ん。そのうえ、それらの精度の差異によって測定値に幅が生じてしまい、実際の放射線量レベルについて混乱を来たしています。私たちの計器によればもっとも 低い測定値の方が信頼できます。それは私が言っている放射能破壊が計算に入れられているわけです。また、私たちの小型宇宙船がよく目撃されるために、私た ちが来ていることに気づいているほとんど人たちは、私たちの技術的装置が地上に設置されると、私たちは原子炉と核廃棄物を非物質化しあなたたちの汚染され た大気、土壌、水を浄化できることを知りません。地球自身のもつ驚くべき浄化能力も知られていません。ですから、今回の放射能放出によって起こりうるあな たたちの科学的な予測結果にそれは反映されていないのです。

4. この集合的な無知が非常に大きな怖れをもたらしています。そしてその怖れだけが、今回の問題の中で唯一私たちが懸念していることなのです。類は友を 呼びます。闇の人間たちのネガティブ(破壊的)なパワーがあなたたちの怖れに付着しているネガティブ(破壊的)なエネルギーを引き寄せているのです。彼ら はそれを利用して、ライトワーカーであるあなたたちが参加している光の勢力に立ち向かいつづける力と決意を強めています。あなたたち自身がその怖れの罠に はまらないように、そしてどこにいてもほかの人々の怖れを打ち消してください。

5. 私たちが地球に着陸して、この際きっぱりと原子力施設を整理しないので、がっかりしている人たちがいます。ええ、私たちが地球にいればそうできるで しょう。あなたたちの中にいる闇の人間たちはそれを知っています。いったん私たちが大挙して着陸すれば、あらゆる闇の謀略が一瞬にして終わりになることも 彼らは知っています。地球上の傭兵と彼らの支配にいるほかの兵士たちが”宇宙人の攻撃”に警戒状態にあって、いつでも報復措置をとれる態勢にあるのはその 理由からです。私たちが公開して着陸することはあなたたちと私たちの乗組員たちの安全を危険に晒すことになるので、その危険性がなくなるまでできません。 それがいつになるのかは分かりません。なぜなら、あの怖れのことがまたあるからです・・怖れが闇にエネルギーを補給しつづけるかぎり、その危険性はなくな らないのです。

6. より安全なエネルギーソース(源)を求める声を上げつづけることで、あなたたちは原子力エネルギーの支配を終わらせることができるでしょう。より低 位の密度の世界では、それはいつでも危険なのです。そしてより高位の密度の世界では必要ありません。原子力エネルギーと化石燃料によって富を築いている人 間たちによって、安全で信頼できるクリーンなエネルギー技術が抑えられてきました・・それらの”新しい”エネルギーソース(源)が利用されるようにみなさ んが声を上げてください。

7. あなたたちの要求と私たちのテクノロジーと地球自身の能力が一緒になって、放射性物質の”半減期”としてあなたたちが計算している数百年ではなく、 数ヶ月で地球は健康を取り戻すでしょう。そして、あらゆる闇から解放されて光り輝いている世界を想像するあなたたちのパワー・・あるいは祈りと呼んでもか まいません・・を決して過小評価してはいけません。来年の暮れまでにはたくさんのことが完成されなければなりませんし、かならずそうなるでしょう。光のパ ワーが怖れのエネルギーに取って代われば、そのプロセスははるかに簡単により楽しいものになるでしょう。

8. マシュー、この機会にいま疑問になっている別のことについて話したいのです・・どうして私たちがHAARPを解体して人工地震を止めないのか?確か にHAARPによる人工地震の影響がありますが、それだけで地震が引き起こされていると考えるのは間違いです。HAARPは地球上のさまざまな場所にいく つもの機能をもつ拠点をもっています。その機能のひとつがほかのテクノロジーと組み合わされて、地震や火山噴火、大きな嵐と洪水を引き起こすために用いら れているのです。それらのほかのテクノロジーは、ニコラ・テスラの発明・発見とリトル・グレイによって与えられた情報をもとにもたらされたものです。70 数年前のことです。そのテクノロジーがすべてイルミナティによって奪われ、彼らのネガティブ(破壊的)な目的のために改造されています。

9. 彼らは、大破壊と大量死を引き起こそうというその陰謀を私たちが妨害しているのではないかと疑っていましたが、数ヶ月前に私たちがハリケーンの風力 を減少させ、アメリカ合衆国の東部沿岸に沿ってその向きを北方に変えたときにやっとそれを確信しました。その後、彼らの科学者たちとエンジニアたちがさま ざまなシステムを統合させたために、もし私たちの宇宙船から彼らの装置を破壊しようとするとあなたたたちの電力供給とコミュニケーションシステムが世界的 に影響を受けることになるでしょう。そうするためには複雑なプロセスが必要で、重大な影響が出ないように現場で対応するしかないのです。イルミナティがい なくなればすぐ、HAARPの機能とテスラのテクノロジーは破壊的ではない建設的な目的に使われるでしょう。

10. この問題の誤解を取り除く機会をこの場で与えてくれてありがとうございます、マシュー。

11. ハトン、僕たちからお礼を言いますよ・・僕たちに代わってそれを説明してくれましたね。

12. さて、ハトンがいま説明し、また僕たちもしばしばあなたたちに話してきたように、怖れは強力です。そしてあなたたちの世界には莫大な量の怖れがあ ります。もっともなことですが、日本の人々はそこで地震が今もつづいていて、しかも原子炉からの放射能の近くにいるのですから、不安でいっぱいです。ほか の地震が多発する地域に住んでいる多くの人々も不安ですし、いま戦争が起きている国々の人々やまったく経済的に行き詰まっている人々、そして故郷から追わ れた人々も同様でしょう。ほかにも、地球温暖化やそれぞれの国の不安定なあるいは破綻した経済、雇用の消失、ガソリン価格、インフラ崩壊、そして第三次世 界核戦争までも怖れている人々がいます。

13. このような集合的な怖れが闇の人間たちのこころを強化しているのです。それはまた光が地球のアセンションのプロセスにしたがって常に強度を増して はいますが、光の恩恵を損なってもいるのです。この怖れという要因が惑星地球の確実なアセンションのスピードを弱めることはあり得ませんが、それによっ て、いくつかの国の自由を求める戦士たちや経済と政府の改革のために活動している人たち、そして多くの”光を見る”寸前にいた人たちのような個人個人の活 動の進展が妨げられています。このように、地球の黄金時代にむかう個人的な前進に、言わば”一時的な足踏み”が生じています。

14. 取り急いで言い足しておきますが、これが長続きすることはあり得ません。地球は強力な光の波動レベル領域に近づいているので、光を拒否するあらゆ る人たち・・単に光がないという意味で僕たちが闇と呼んでいる人間たちです・・は死ぬことになるでしょう。それはあまりにも厳しいように聞こえるかもしれ ませんが、これは”神の”審判とか罰といったことではありません・・光のない肉体はそのような高い波動エネルギーの中では生き残れないというこの宇宙を支 配している単なる物理的問題なのです。つまり、恐ろしいことをやってきた人間たちがすべて消えるだろうということです。

15. これまでのメッセージで僕たちが話して来たことを繰り返しますが、多くの魂たちもそれぞれの魂の合意にしたがってこの転生を離れて行くでしょう。 その死が魂の合意にもとずく選択によるものか、光を拒否する選択によるものか、あなたたちには知る術はないでしょう。そしてもう一度僕たちはあなたたちに お願いしますが、どのような人でも批判しないでください。そしてあなたたちの世界のすべての魂たちに光を送ってください。そうすることがあなたたち自身の 内にある光を増し、それが外に向かって輝いてほかの人たちを高めるのです。光がどこにもっとも必要とされているか地球は知っていて、宇宙の平均化プロセス にしたがって光をそのような地域に振り分けるのです。大宇宙コスモスでもっとも強力なフォース(力)として、光=愛はそれが与えられるところに驚くべき効 果を発揮します。

16. 怖れにはまた別の原因があります。それでも地球のアセンション速度が遅くなることはないでしょう。でもそれによって影響を受ける人たちには深刻な 問題になり得ます。この怖れの元はこれまで話して来た現在の状況に起因することではなく、隠れた潜在的なもので、地球征服を目論むエイリアンという”エン ターテインメント上”の描写を信じている人たち、そして友好的だと言っている宇宙人たちが地球に来ると地球人類を奴隷にするだろうという情報を信じている 人たちに根ざしています。そのような人たちは奇妙な格好の生き物が到着すれば、考えられないようなことが実際に起きたと思うでしょう。

17. そのように信じている人たちすべてにも僕たちの情報が伝わることを僕たちはこころから望む一方で、宇宙船の目撃を歓迎しながらも、いったいその乗 船者や乗組員たちがどのような姿をしているのか見当もつかず、長い間地球が彼らの助けを享受してきた事実を知らない人々に”気づきを与える”ことで僕たち は”満足”しなければならないのかもしれません。ハトンが話したまだ気づいていない人たちと、自分たちには助けはいらない、すべて自分たちでやっていける と感じている人たちにも僕たちは伝えられたらと思っています。

18.  僕たちが提供していることは、ほかの宇宙文明人たちによって与えられた、そして今与えられているさまざまな支援が真意から平和的なものであることを裏付け ているだけでなく、その宇宙文明の代表である素晴らしい存在をあなたたちに紹介することも含まれるのです。最近僕の母が本の再版ではなく内容を改訂するよ うにと言われました。それにそって母は情報提供者たちと共同で元の原稿に最新情報を加筆しました。お母さん、僕たちが話し合った部分を挿入し、同時にそれ にラザラスの僕の紹介文を加えてください。        

   ___________________________________

19. マシュー:お母さん、つぎのプレゼンテーションは、宇宙全域で高い尊敬を受けているラザルス・エネルギー体を代表する魂です。この巨大なフォース は神に任命されて惑星体としての地球をほとんど殺すほどに汚染しているネガティビティ(マイナスのエネルギー)の破壊的影響を減少させています。ラザラス はプレゼンテーションを始める用意ができていますよ。

ラザラス:おはようございます、スージーさん。私たちは多くのりっぱな魂たちにくらべより強力なパワーある魂たちのグループです。それは単に彼らは私たちよりも進化のうえではるかに少ない転生を経てきているからです。

……

あなたと再び話せてとてもうれしいです、スージー。マシューが言ったとおりですね・・もっとも彼の話は私よりも丁寧ですから、このような言い方はしません が・・あのろくでもない科学者たちが”彼らの”テクノロジーを使ってまた事を起こそうとしているのです。”彼らの”とわざわざ引用府をつけて私が送ったの は、それが彼ら自身で開発したものではないからです。それはリトルグレイたちが、そもそも彼らと地球のためになるということで善意からの交換条件として彼 らに与えたものです。しかしあなたもマシューから聞いているように、グレイたちはひどい仕打ちを受けました。そしてイルミナティがあなたたちに被害を与え る目的だけにそのテクノロジーを使ったために、あなたたちも迷惑を被っているのです。

彼らの気象操作と人工地震や人工噴火という策謀を完全に防ぐことは私たちにはできません・・あなたも自由意志の尊重というルールを知っていますね・・しか し、彼らが期待しているような広範囲の破壊と多数の死を減少させることは確実にできます。私たちは電磁波グリッドを設置してその運動エネルギーを吸収さ せ、それをエーテル物質に変換します。その効果は池の真ん中に小石を投げたときのさざ波のようなものです。もちろん私たちの場合は静止した水面ではありま せん・・私たちの仕事は、大きな石が投げ入れたときの池が受ける影響を最小限に抑えることなのです。でも、たとえ私たちのそのような緩衝作用があっても、 地球はまだ同量のネガティビティを放出する必要があるのです。

スージー:あなたたちの助けをずっと当てにしていたのよ、ラザラス。いまでもそこでやってくれているのを知ってうれしいわ。これは共同作業それともあなたたちの作業部隊が単独でやっているの?

ラザラス: それは順繰りの協力体制になっています。それぞれの作業員たちが交替で地球をモニタリングする当番になり、担当区域のエネルギーの平均化や分散化が必要に なると対応するようになっています。そのフォース(力)が単なる火山鳴動や小規模の海底地震を超える程度のものであれば、彼らが関わる必要はありません が、なにか大きなものが爆発するときは、必要とされる支援の程度に応じて残りの作業員たちが投入されます。私たちが関わるのはそのような地球物理学的な出 来事だけではなく、あなたたちのハリケーンや台風のような強力な嵐の大きさを減少させることもします。私たちはできるかぎりその影響を緩和しますが、その ような強力なフォースが地上と地下でいったん発動されてしまうと、私たちのもっとも高度のテクノロジーをもってしても破壊と死をすべて防ぐことはできませ ん。

もし母なる自然が彼女自身ですべてのネガティビティを放出することを許されていれば、もっとも被害の影響が少なくなるような地域だけにするでしょうし、私 たちの助けも要らないでしょう。私たちの助けが必要とされるのは、人口密集地域を狙ったあのような狂った人為的企みです。例をあげると、アールという名前 をつけられたハリケーンがそうです。母なる自然がネガティビティを解放するために海でそれを起こしました。そこでは被害はなにも起こらないはずだったから です。ところがあの狂った科学者たちはそこにつけ入ったのです・・彼らは風の強度を増大して大嵐にし、アメリカ本土に向かわせました。私たちが全員で参入 したのはそのときです・・私たちは嵐の進路を北に向かわせて本土に接近しないように風力を充分弱めました。それは私たちの目覚ましい介入の一例ですが、そ れによって、大災害を起こさせたと確信していたあの人間たちの策謀を台無しにしたのです。

スージー:ラザラス、あれにはたくさんのETの支援があったことは確かね。マシューもそうだと言っていたわ。それをやってくれたあなたたちとほかのすべて の人たちに感謝します・・そうね、あなたたちがわたしたちのためにやってくれているすべてにだわ。ほかにどんなことをしているの?

ラザラス:そうですね、私たちは核弾頭ミサイルをどこかに打ち込もうとするあなたたちのとんでもない連中に目を光らせています。すでにそれらを1ダースほ ど気化させました・・核弾頭をですよ、とんでもない連中ではありません。それから、それほどでもないいわゆる”秘密作戦”で狙われたものがありますが、そ れらは凍結させたり、思い通りの結果にならないようにしました。私たちの何人かは研究所でつくられた病気のウイルスを中和させ、大々的に報道されていた世 界的流行病を食い止めました。また私たちはずっとケムトレイル中の有毒物質や兵器中の放射能そしてほかの危険な汚染物質をできるかぎり除去しています。そ うですね、あの石油掘削装置の爆発によってメキシコ湾が死ぬのを救うのにも手を貸しました。

そして私たちは、あなたたちに向かう隕石とほかの小天体や破片物体をつねに監視しています・・これまで私たちがあなたたちから逸らしたその数を知ったら驚 くことでしょう。この仕事をやっているのは私たちだけではありません。地球が第三密度の不安定なゾーンに堕ち始めたはるか昔にはじまったこのような保護活 動には、地球に近いところにいる私たちのほとんどすべてが関わっているのです。あなたたちの時間で世紀の変わる1年ほど前に起きた比較的最近の出来事につ いて話しましょう。私の部隊はその特別な救援活動に入っていませんでしたが、知らなかったのはあなたたちだけで、それは宇宙全域では衆知のことでした。闇 の勢力のトップたちが巨大な高速の隕石をあなたたちに向けようとしていたのです・・彼らは地球征服がなかなか思うように進まないことにうんざりして、いっ そ一挙に破壊してしまおうと考えました。この隕石がその通常軌道から逸れて地球に針路を変えられたことにあなたたちの宇宙の兄弟たちが気づいて、すぐメン タの部隊に通報しました。彼らには、隕石があなたたちの大気に突入する前にそれを小さな破片に粉砕して燃焼させるパワーがあるのです。

私たちはなにも気づきませんでした・・その方がかえって好都合です。まあ、たぶん何人かの天文学者がそれに気づいていたかもしれません。そうだとしても、隕石が突然消えたときは煙にまかれたような気持だったに違いありません。

たとえそれを見たと言う人たちに問い合わせても、発見したのはほとんど気化寸前のことだったので、観測誤差だったと言うでしょう。あなたたちの科学者の中で宇宙の知的存在を信じている人はほとんどいないことを知っていますね。

スーザン:それはいまも変わっていないのかしら?

ラザラス:ほとんど変わっていません。しかし、私たちの乗組員が安全に着陸できるようになれば、それはいつでも変わると保証しますよ。

スーザン:これが起きるためのマスタープランはないの?

ラザラス:もちろんあります。あなたたちと着陸する乗組員たちの安全が確認されればすぐにでもです。銀河系連盟評議会が、あなたたちの上空に少なくても 60年間飛び回っている私たち全員と調整しています。私たちの中にはもっと長くいる人たちもあり、そしてさらにもっと長いケースもあります・・あなたたち の聖書には間違いが多いのですが、それでも宇宙人(ET)の存在に言及している箇所がいくつかあります。あなたはハトンをよく知っていますね・・彼のプレ アデス星に本拠地を置く宇宙艦隊は、ほかのほとんどの存在たちよりもはるかに長く活動しています。とくに数十年前の地球の助けを求める声に応えて強力な光 を送ったはるか遠い宇宙の存在たちや、比較的近いところにいて同様に支援活動に加わり技術的な助けを与えた私たち全員よりも長いのです。私もどのくらいか らか忘れましたが何世紀にも渡るハトンの宇宙艦隊の仕事のひとつは、ニルヴァーナの周りにある防御シールドの維持管理です。それはニルヴァーナの住人たち によるあなたたちへの訪問やその逆といったすべての訪問の間、地球まで延びています・・地球でこのような魂の旅を知っている人はほとんど誰もいません。

スザンヌ:私はマシューからそのことを聞いていたわ。どの宇宙人(ET)たちが着陸することになっているの?

ラザラス:プレアデス人の代表たちのほかに、リラ、アークチュラス、シリウス、ベガからの代表たちが最初になるでしょう。なぜなら、彼らの宇宙船が近いと ころにいることもありますが、彼らはあなたたちの最初の祖先にあたるからです。私はホリスのメッセージのことを知っていますから、あなたたちの中にはレプ タリアンの祖先をもつ人たちがいることをあなたはすでに知っていますね。それらの光に満ちた魂たちも何人か来るでしょう。”来る”と私が言いましたが、私 たちの多くがすでにそこにいることをあなたは知っていますね。やっとのことに自分たちの正体を明かすことできて彼らは大喜びするでしょう。その中にはあな たたちを本当にびっくりさせることになる人たちもいますよ。

スザンヌ:その人たちの今の地位によって私たちがよく知っているからなの?

ラザラス:そのとおりです。

スザンヌ:それが誰だか教えてはくれないでしょうね。

ラザラス:そうです。時期が来てそうするのは彼らの特権です。私のではありません。じっさい、あなたはその何人かにはそれほど驚かされないでしょう、スージー。あとは成り行きにまかせるほかありません。

スザンヌ:分かったわ、ラザラス。これがすべて起こるのが待ち遠しいわ。地球はいま安定した軌道にあるの、それともまだあなたたちの助けが必要なの?

ラザラス:私たちの愛するガイア・・ちょっとここで言わせてほしいことがあります。ガイアはあなたたちの惑星の魂の名前です。その天体としての古代の呼び 名はテラとシャンですが、私たちはあなたたちのように彼女を地球(Earth)と呼んでいます。ある想像力に乏しい以前の文明社会人たちがしたことです が、あなたたちが歩く地面(earth)に単に頭文字(E)をつけただけのことなのです。それは神(God)も同じでした。これはあきらかに女神 (goddess)ではなく男神(god)だからですね。とにかく、スージー、彼女は送られている光によって元々の力をだいぶ取り戻していますが、私たち は確実に地球を安定化させるために私たちのテクノロジーと同時にいまでも光を加えています。お分かりでしょうが、地球のネガティビティを放出するための大 変動がすべて終わっているわけではありません。ですから彼女が第四密度の波動領域に完全に入るまでは、私たちの力をこの点で弱めるわけにはいきません。そ れから、私たちは全員で万歳を叫ぶでしょう・・そこでの私たちの仕事が完了です。その時点で、あなたたちの兄弟姉妹たちがだれにでも分かるようになるで しょう。

_________________________

20. マシュー:ありがとう、お母さん。ラザラスが言ったことに加えて、あなたたちにとってためになるもうひとつの大事なことがあります。ニルヴァーナとほかの霊界にいるたくさんの魂たちから莫大な量の光があなたたちに向けて送られています。

21. そしてお母さん、もうひとつお願いがあります。ラザラスがメンタについて話しましたね。彼らの文明社会とあなたたちへの支援について読者たちがなにか分かるように、彼女のプレゼンテーションから適当な文章をいくつか選んでここに付け加えてくれますか?

____________________________

22. メンタ:私たちは10億ほどの集合魂からなる巨大な強力なエネルギーフィールド(場)です。私たちが肉体化するときは、リラ座を超えた銀河系にあ るレトルノと呼ばれる惑星に住んでいます。私たちの故郷はあなたたちの望遠鏡ではまだ発見されていませんが、人々が住んでいる多くの宇宙世界のひとつで す。私が”私”と”私たち”とを交互に使っている理由を説明しましょう。それは私がひとつの魂としてあなたに話していますが、私たちのグループとしてのこ ころから離れることは決してないからです。他よりもより良いとされる魂などないと考えられています。それは私たちの心にあるあらゆる側面が私たちの世界の 安定と覚醒の絶えまない向上に必要だからです。 ・・・・・・・

集合体としては、私たちは人間というより1本の木に似ています。私たちの”頭”にあたる部分が、きっちりとした花の束のように見える多数のセンサーだから です。それはグループの心の”住まい”です。この頭の部分は白が主な色ですが、パステルカラーのところもあります。それらはアートやテクノロジー、エンジ ニアリング、子どもの養育といった専門分野の色です。私たちは、ある特定のときの主な才能と能力と興味に最も近いとされる色が連なったものなのです。です から、私たちが発する波動を反映して色が変化します。それは、その波動振動数に合わせて色を屈折するプリズムの面のようなものです。

“住まい”の集団に繋がっていながら銀河系全体に広がっている10億本以上の細かい”糸”があります。それらは新しい知識を求めて、あるいはより正確に は、最高位の魂の覚醒レベルではすべてが分かっているので思い出して、天空を彷徨っている私たちの魂たちです。それぞれの魂が発見したことはすべてすぐ自 動的にグループの心に送信されます。

・・・・・・


私たちは同様に全力で援助の手を差し伸べている他の多くの存在たちよりもパワーがあります。彼らの波長は私たちのものより短いのです。それで私たちは二つ の使命のために進んでやることにしました。私たち自身のエネルギーで光を発すると同時に、他から発せられ一旦地球の大気圏に入った光を持続させているので す。あなたたちの肉体が細胞レベルでその光線を吸収し、これから地球が入って行くより高い波動に順応するためにはこれが非常に重要です。これによって、あ る人たちが”転換”と呼び、またある人たちは”浄化”と呼ぶ地球のアセンションプロセスの間に、あなたたちが肉体的に生き残る機会が与えられるのです。

________________________________

マシュー:お母さん、ありがとう。

23. 怖れから離れていることの重要性をここで改めて強調するほかに、僕たちが宇宙人たちの過去と現在と未来の支援について焦点を当てることにはそれな りの理由があります。地球が第三密度を出る最終段階に入っている今は、あなたたちは自分自身を個性、性格、才能、希望、夢、達成感をもつ個人的な存在とし て見ることを止める時期です。それはそれであなたたちであることは本当ですが、あなたたちはもっと大きな存在なのです。あなたたちは自分たちを本来の存在 であるパワーある多次元的存在として認識しはじめる必要があります。あなたたちは、神の分離できない分身として永遠に相互に結ばれている宇宙ファミリーの 一員なのです。間近にせまっている出会いのときがうれしい家族の再会になるように、あなたたちの兄弟姉妹たちが家族としてのきずなを感じてほしいとあなた たちに願っています。

あなたたちが乗り越えて行く黄金時代への最後の短い道のどの瞬間にも、僕たちの愛がいっしょです。

___________________________

愛と平和を
スザンヌ・ワード著

(スージーからのメモ:最近あるソース(情報源)からマシューだと偽って送られて来た偽のメッセージを、マシューをよく知るみなさんが配信しなかったこと に心から感謝いたします。マシューとサルーサがアセンションしたマスターで、ある宇宙評議会によって検閲を受けているという情報に対して”バカバカしい” といった感想を書いてくださった方々にも感謝します。サルーサとマシューが言っていることがどうやらある人にはとても困るようです。

Eメールを読むのが大幅に遅れているのが慢性的状態になっています。それらに全部返答できないことをどうかご理解ください

マシューのメッセージにハトンのメッセージがよく出て来ます。それで彼についての質問に私から答えましょう。ハトンは古代の魂で過去数千年間プレアデス星 に住んでいますが、彼と家族は普段家庭よりも大型宇宙船に乗船している方が多いのです。その間彼は銀河系艦隊長官として務め、過去数百年間は宇宙通信長官 も兼務しています。1994年初めに私のテレパシー通信が始まって以来、ハトンと私はしばしば会話を交わしています。それ以前に彼はマシューとも友人だっ たこともあり、マシューよりも彼の専門範囲の質問の場合は彼がときどき答えています。ハトンが本のための情報をはじめて送って来たのは2003年の中頃で した。その約2年後、彼はマシューのメッセージに加えるようにと情報を私に送り始めました。)
                             _________________________
愛と平和を
Suzanne Ward
Website: The Matthew Books

訳文責: 森田 玄


MATTHEW BY Suzy Ward
www.matthewbooks.net- ALL TRANSLATIONS
http://livrosmatthew.blogspot.com - PORTUGUÊS (PORTUGAL)

25 March 2011

Matthew Ward

March 25, 2011 

明るみになる人工地震と気象操作、日本の放射能とETの支援、ハトン:困難なイルミナティのテクノロジーの解体、アラブ諸国の自由の戦士たち、リビヤの全体像

1. マシューです。この宇宙領域のすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。あなたたちの世界で起きているふたつの特に重要な状況について話しま す。あなたたちに見えることが個人的な観察とマスコミ報道に限られているので、より高い視点にいる僕たちから見える明るいニュースを届けたいと思います。 あらゆる出来事が僕たちがあなたたちに告げている宇宙の加速モードに入っているので、変化はさらに激しく起きて来るでしょう。この瞬間混乱状態にあるよう に見えるものは、すべて結果として真理の出現と改革の実現をもたらすでしょう。

2. 長い間隠されて来た真実で、ある程度明るみになっている例をひとつあげましょう。最近まで地球のほとんどの人々は、数人の科学者たちが大規模な破壊 的地震や台風や洪水を引き起こしているなど到底信じませんでした。今では、あなたたちのインターネットは人工のテクノロジーが何を引き起こすことでき、ま た引き起こしたかという情報で溢れています。一般の人々はこのことは知りませんが、やがて知ることになるでしょう。

3. 最初に、日本がおかれている状況について話しましょう。ライトワーカー(光の使者)たちの中には、地球規模の計り知れない数の犠牲者と環境破壊をも たらしかねない放射能の状況に対しては、宇宙ファミリーたちが介入してコントロールする必要があるのではないかと思っている人たちがいることを僕たちも 知っています。僕たちは前のメッセージで、僕たちの宇宙ファミリーが可能な限りのレベルに放射能を減少させていると言いました。また別のメッセージで、宇 宙船の乗員たちは、あなたたちと彼らの安全が確認されないかぎり一挙に大勢で着陸できないとも言っています。今の時点では無理です。ですから、原子力施設 での支援は人々に公開できるかたちではできません。でも、対応処置はとられています。

4. いろいろな人たちからの要請で、僕の母は僕とほかのソース(情報源)と連絡をとっていますが、彼女が受け取った情報をあなたたちにも提供するように頼みました。        ___________________________________

5. [スージー:これはプレアデス・ライトとチャネリングしているハンナ・ビーコンフィールドに宛てた3月18日付けの私のEメールからの引用です。]

3夜前、日本の翻訳者であるゲンから電話がきました。彼は私にマシューのメッセージのお礼を言ってから、マシューからなにか新しい情報がきているのかと訊 ねました。マシューは、”ある人たち”はETが降りて来て放射能を減少させるらしいと聞いているけれど、その情報は確認されていないと私に言いました。翌 日はいろいろあって大変で遅くなってしまったので、私は神にマシューが私に言ったことを知っていますかと訊ねました。神は知っていると答え、そのとおり確 認できると言いました。核施設から約1マイル(1.6km)のところに小型宇宙船が着陸し、乗組員が特殊テクノロジー装置を使って上空の大型装置と連動さ せていること、施設にいる人は誰もその乗組員が地上にいることに気づいていないことです。

私はそれをゲンに伝えました。翌朝彼は、「それらの原子炉からの放射能の放出量がなにか奇跡的に臨界レベル以下に抑えられています。ETたちの活動が功を そうしているのでしょう。付近で小型のUFOがいくつか飛んでいるビデオもインターネットで紹介されています」と書いて来た。

6. [以下は、アース・レインボー・ネットワークを配信しているジーン・ハドン宛の私の3月25日付けのEメールです]

ジーン。いま私が見たビデオと、それを送って来たゲンに伝えるようにとハトン(宇宙戦艦司令官)が私に言ったことにあなたも興味があるだろうと思いまし た。彼と家族は沖縄に行き、そこで家を失った日本の被災者たちのための住居を手配する支援団体を立ち上げました。そして今はハワイに来ています。

「ハトンです。故郷の国に希望を失ってはいけません。宇宙評議会の最高レベルの委員会で、あのグリッドシステムの解体について、われわれの各種あるテクノ ロジーによってどのような効果的な対抗措置が可能であるか討議中です。これは”もし”という問題ではありません。あの恐ろしい方法によるこの星のさらなる 破壊をどのようにわれわれが防ぐかということです。」

ハトンは、これには決まった予定はないけれど、これからは地震も噴火もどんどん減少して行くので私たちには分かるだろうと言いました。地球が解放しなけれ ばならないネガティビティ(破壊エネルギー)のほとんどがすでに放出されているからです。それがあの特別なHAARPの使用法についてのパラドックスだと 彼は言います・・それは巨大な量のネガティビティをつくるのが目的なのですが、つくるよりも多くを放出しているのです。

7. [つぎの引用は、ETの支援についてもっとなにか知っているかと訊いて来たある友人宛にその日の後に私が出したEメールからのものです。]

想定していたような大災害が起きていないので、イルミナティは宇宙ファミリーの介入に気づいているとハトンから聞いたところです。明らかに彼らはそれをう すうす感じていたのですが、例のハリケーンが海洋上で弱められ、さらにアメリカ本土に上陸する代わりに方向を変えて北上してしまった際に、決定的になった のです。それはイルミナティが計画していたこととはまったく違っていたからです。

ハトンが言うのには、地震を引き起こし気象操作するテクノロジーはここ何年で改良され強化されているそうです。巨大な嵐と地震は以前それぞれ別のシステム で起こされていましたが、ETの介入があったために、イルミナティの科学者たちはいくつかのテクノロジーを組み合わせて使うことを始めました。ひとつのシ ステムが期待した効果がない場合のバックアップ用のようなものですが、同時にそれはあらゆるエネルギー源を一斉に使うETのテクノロジーで防ぐことをさら に困難にしています。

日本では、地球上空と地底から破壊を生むように、いろいろな場所にあるHAARPの何種類の機能のひとつが、テスラの発明と発見から開発されたものと連動 して使われています。ETの高度なテクノロジーをもってしても、イルミナティだけでなく私たちも使っている重要なパワー源と通信源を中断することなく、彼 らの装置をすべて解体することは簡単なことではありません。それで、最高レベルの宇宙評議会で最善の対応策についていま議論が進行中なのです。

___________________________________

ありがとう、おかあさん。

8. いまあの国では核施設周辺とほかの低地帯にある植物と水と大気に安全レベルを超える放射能が実際にあります。でも、核施設の放射能濃度を大幅に減少 させているこの惑星の地上と上空からの僕たちの宇宙ファミリーの支援がなかったら、それらのレベルはすべてはるかに高くなっていたでしょう。

9. 現場ではたらいている日本の作業員たちの勇気は称賛に値します。 彼らが放射能に近いところで長くいることは死や深刻な病気をもたらす結果になるでしょう。それらのニルヴァーナに移行する魂たちは万歳”と叫ぶ大勢の人た ちに迎え入れられ、必要な個人的なケアを与えられるでしょう。そして彼らの勇気は同様に魂の進化の大きな躍進として認められるでしょう。それほど重病にな らない作業員たちは、もしかれらの魂の合意が長い寿命を要求しているのであれば、彼らのからだは地球が病気が存在しない波動レベルに向かってアセンション をつづけるあいだに癒されます。

10. 前のメッセージで、この地震と津波で亡くなった人たちはすべて間違いなく必要な特別なケアを受けると僕たちは言いました。彼らの家族たちは愛する 魂たちが霊体となって元気で幸せに暮らしていて、いま自分たちの国の人々の気持を高めようと光を送っていることを知ったら、大きな慰みになるでしょう。

11. ところで、この放射能の状況に関するあなたたちの宇宙ファミリーの支援はある程度までしかできません。なぜなら、これは彼らの世界ではなく、あな たたちの世界だからです。あなたたちは、主要なエネルギー源としての原子力をかならずなくすように強い行動を起こさなければなりません。新しい原子炉はこ れ以上増設しないこと、建設中のものは中止し、稼働中のものはすべて廃炉にするという国際的な要請の声をあげなければなりません。あなたたちのレベルの開 発テクノロジーでは、最初から原子力は危険が多すぎました。しかしそれが広がったのは安全よりも欲にからんだ少数の人間たちにとってあまりにも儲かること だからです。

12. 宇宙船の乗組員たちが大勢で着陸できるときは、彼らは放射性廃棄物をすべて非物質化し、大気、水、土壌中の放射性汚染物質をすべて除去するテクノロジーをもってくるでしょう。そしてあなたたちと一緒にあなたたちの惑星を浄化し再生するためにはたらくでしょう。

13. 僕たちが話したいと思う二つ目の非常に重要な事態は、アラブ地域に起きていることです。 自由の伝染とでも言えるようなことが起きていて、長い間独裁的支配者たちや王朝に抑圧されて来た人々が、強まる光に反応しているのです。それは、彼らのい のちに光を照らし変化を起こさせ、”人民のパワー”をもたらす励ましになっているのです。これも同様に加速現象のひとつで、宇宙のあらゆるものに影響を与 えています。それらの反応はそれに合わせて起きているのです。あらゆる国々の人々が自由になるまでにはまだ多くの流血があるでしょう。でも最後に勝利する のは彼らです。

14. リビヤのアメリカ主導による多国籍軍について意見が分かれていることは知っています。僕たちに見えるのは、ほかの国の出来事に介入するについて国 家首脳たちの態度が素晴らしい180度の転換をしていることです。あなたたちの歴史で初めて、 介入が自分たちのためだけではなく、崇高な目的になったのです・・自由を求めて戦っている人々を支援するためにです。この支援がなかったら、もうずっと前 に良心を思考能力と一緒になくしているあの独裁者によってさらに多くのリビヤ人たちが虐殺されるでしょう。

15. 独裁者たちの日は終わり、我欲のみのためにそれらの独裁者たちを支える日も終わります。環境破壊に配慮なく地球資源を搾取する日は終わります。そ れは世界の富が少数の者たちに握られる日が終わるときです。闇からはじまったあらゆるものが急速に終わりに向かっています。

16. 不幸なことに、まだあなたたちの中には大地と海と磁極の大変動についての噂さと大げさな予言が存在しています。本当のことを知ってください。で も、怖れをかき立てるような情報には決してエネルギーを取られないようにしてください。 光の中にしっかりと留まって、計り知れない数の肉体を持った魂と霊体の魂たちが、あなたたちと一緒にいて、あなたたちを地球の黄金時代へと優しく促してい ることを知ってください。
                             _________________________
愛と平和を
Suzanne Ward
Website: The Matthew Books

訳文責: 森田 玄


MATTHEW BY Suzy Ward
www.matthewbooks.net- ALL TRANSLATIONS
http://livrosmatthew.blogspot.com - PORTUGUÊS (PORTUGAL)

12 March 2011

Matthew Ward

March 12, 2011 

日本の地震と津波、集合意識の変化、これからの試練、移行する魂たちと特別なケア、アセンションの加速、本質的価値とつまらない関心、つくられたアメリカのイメージ、精神的・感情的病気、子どもたちへのより良い世界

1. この宇宙領域にいるすべての魂たちから愛のこもったご挨拶をします。マシューです。日本沿岸の地震は、津波を起こす目的で戦略的に起こされたもの で、母なる自然が起こしたわけではありません。彼女(母なる自然)が関わったのは、イルミナティの科学者たちが地震を起こすきっかけをつくった後で最初に 起きた避けようのない陸地と海の移動だけだったのです。僕たちの宇宙ファミリーは、市街地を完全に破壊し、この島を水で覆い、その住民のほとんどを殺そう という彼らの目的を阻止することができました。けれども、海洋のフォース(力)を完全にコントロールすることは彼らのテクノロジーをもってしても不可能で す。それに母なる自然はあの不可解なたくさんの余震を引き起こしてもいません。 なにか非常に不自然なことが起きていることは、あなたたちの地震学者や地質学者たちには明瞭なはずです。

2. イルミナティのトップにいる人間たちは、彼らの経済帝国がすでに崩壊状態にあることを知っています。そこで、かつては難攻不落の彼らの世界ネット ワークの最後のかけらが完全になくなる前に、できるところならどこでも混乱と破壊と多数の死を引き起こして、多量のネガティビティ(破壊エネルギー)をつ くろうとしているのです。 津波による徹底的な破壊と原子力発電所への破損がありましたが、日本を完全に破壊しようというイルミナティの当初の計画にくらべれば、それは彼らにとって わずかな成功だったのです。地震と余震と津波によって多量のネガティビティー(破壊エネルギー)がこの星の地上に放出される結果になりましたが、東京では ほとんど影響がありませんでした。宇宙人たちのテクノロジーによって、原子力発電所からの放射能の影響が軽減されています。またほかの宇宙文明人たちが強 力な光を送っています。それが日本の人々に対して海外からほとばしるように寄せられている祈りに加わっています。日本の人々の立ち直る力と機智に富む国民 性そしてほかの国々からの支援によって、この国は再び立ち直るでしょう。

3. 光エネルギーがますます増大しているので、イルミナティの悪質な行為はもうそれほど地球を苦しめることはできなくなっています。集合意識が大きく変 化している紛れもない証拠を、あなたたちと僕たちがいま目撃しているように、彼らも目撃しているのです。そして、それによってこの星のあらゆる闇が終わる ことになることも彼らは知っています。意識が拡大され、その光のエネルギーによって、長い間抑えられて来た人々が自由を求める声をあげ始めています。そし てその叫びは、あなたたちの世界のすべての人々が自由になるまで何度も何度も繰り返されるでしょう。

4. 最後には、リビヤや中東地域と東南アジアやアフリカの国々に、苦労して得た勝利がもたらされるでしょう。 異なる思想の政治団体がおたがいに暴力なしに敵対している国々では、エリート層の欲望よりもむしろ一般大衆のニーズに応える統一された政権に過激な立場の 者たちが譲歩するようになるでしょう。けれども、独裁者の急速な降伏や完全に円滑な移行を期待するのは賢いことではありません。新しい国家指導者がその地 位につくのはさまざまな国内不安の状況の中で、またそれぞれ異なるペースで行われるからです。 

5. 政権改革のために命を犠牲にした愛する者たちの家族たちや、銃弾が飛び交う中につかまった人たちに悲しみと苦しみが降り掛かることでしょう。元々 の、あるいは修正された魂の合意にしたがって今生の転生を離れる人たちはすべて地球の霊界(ニルヴァーナ)で元気にいることをすべての人々が知ることがで きたらと僕たちはこころから思います。すべての人々にとって最善を願う祈りを送っている宇宙全体の光の存在たちにどうか一緒に加わってください。

6. ここで、ある読者の質問に答えるのがふさわしいと思います。
魂は怖れなしに肉体を離れるのでしょうか?
肉体を離れる魂とそのエーテル体に怖れがつながっていることはまったくありませんが、そのサイキ(精神)はまったく別の問題です。魂が言わば自由になると き、その人のサイキ(精神)は・・そして信条と性格と記憶も・・肉体が死ぬ瞬間とまったく同じ状態でニルヴァーナに到着するのです。もしある人が恐ろしい 人生経験を送ったり、恐ろしい死に方をすると、その怖れの感情はその人のサイキ(精神)に根付きます。そのような人たちはニルヴァーナの特別な入口に到着 しますが、そこでは特別に訓練を受けた霊体移行チームがそのエーテル体の力をアップさせてから、その人を静かな場所へ移し、そこでつきっきりの看病と特別 な治療が与えられます。

7. お母さん、戦闘で死んだ兵士の例を使ってこの例外的な癒しのプロセスを説明している本の箇所をコピーしてくれませんか。地震や津波の恐怖の中に死ん だ人たちすべてに同じ愛情こもった優しい世話が与えられます・・これを知れば、その人たちを愛し、その死を悼んでいる人たちすべてに大きな慰みになるで しょう。

____________________________

[『天国からの真実・マシューブック1』(ナチュラルスピリット)の”移行する魂”章から抜粋]

マシュー:僕たちがトラウマ(こころに負った傷)を抱えて到着する人たちをどのように扱うのか実際の例で示そう。あなたには、戦闘の真っただ中で怒りと恐 怖と圧倒的な戦いの激しさに、ひとりの負傷した戦闘服の兵士が簡易ベッドに座っているのが見えるだろう。そこに誰かが彼を優しくなだめようとしているね。 僕がいま送っているイメージのように、その兵士の肉体はここでは地球での肉体のように、実際に中身のある実体で、その簡易ベッドも中身がある実体のように 見えるだろう。でもこれは僕たちがつくっているイルージョン(幻想)だ。なぜなら彼がここの領域に順応するプロセスでは、それが必要だからだよ。

戦闘中の兵士は、現実の死を、絶対自分は死なないという感覚とバランスをとることによって、生き残るために気持ちを集中していなくてはならない。この精神 的に困難な葛藤は、闘いのショックと同僚たちの死と負傷者たちの悲鳴に囲まれている恐怖と相まって、この男を極度に動揺した状態に置いている。彼が最後に いた地球での状況から、もう変化していることを彼に気づかさせることが必要だ。それを僕たちは彼が生きてきて、そして死ぬことになったときの戦場の状況を 和らげることでするんだ。少しずつ彼の周囲の光景をゆっくりとなくしていくことで、彼の最後の記憶を消し、やがて彼が地球での肉体を離れ、この新しい世界 に入ったことを受け入れられるようになる。この移行プロセスはゆっくりと、彼にとって本当のようにされなけらばならない。さもないと、彼のサイキ(精神) はショックで、ヒーリング治療がどうしても必要な状態に陥ることになる。そこですでに与えられている必要な介護がとても重要ではないということではなく、 比較的な話として言っているんだ。

スーザン:マシュー、その兵士には戦闘が周囲の広大な地域につづいているように見えているわけね。もし戦友たちも同じような治療を近くで受けていたら、彼 はその死んだ仲間たちが見ることができるのかしら?あなたは魂は一人ひとり別々に到着すると言っているから、彼は戦闘中の状況に看護人とふたりだけでいる ようね。

マシュー:そうじゃないよ、お母さん。そこにいるのは兵士は彼だけではないよ。彼の肉体と簡易ベッドがはっきり見えるようにクロースアップのイメージを 送ったよ。そうだよ、彼は近くにいる”死んだ”同僚たちに会える。でもそれは助けになるけれど、妨げにもなる。なぜなら彼が今さっき見ていたほかの戦友た ちがそこにいないので混乱をもたらすかもしれないからだ。この段階でこうした兵士たちをグループ分けにすることは、到着者をそれぞれ特定の癒しのニーズに 合わせて個別にケアすることと両立する。サイキ(精神)のさらなる損傷を防ぐために、これらの兵士たちが死んだ状況を正確に再現することは必須であり、戦 友がそこにいることがその現実感を持つために必要なんだ。

ほとんど同時に殺されたこの兵士グループは約10人で、死と天国についての見方もまちまちだ。彼らは魂レベルのエネルギーに見合った、ふさわしい精神的な 調整が可能なステーションに到着した。あなたがいま見ていたのがその最初の段階のところだ。この時点から、グループの一人ひとりはエネルギー調整をしてい くことになる。これらの中には高い魂の進化のものたちがいるかもしれない。彼らはまもなく霊界に入っていることに気づくだろう。新しく到着したそのような 高い進化の兵士たちは、自分たちがどこにいるのかをすぐさま察知して、すぐそばにいるほかの人たちが魂の移行を受け入れるように手助けするのを僕たちは見 ている。ほかの人たちはかなり深刻な見直し行程がまっているかもしれない。

お母さんが見たのは、そう、再現された戦闘シーンのほんの一部だ。ただ耳をつんざくような音と地球の現実にあるような流血シーンはないけれどね。けれど も、”広大な戦場”は、僕らもそれを見えているわけではないから、お母さんに送るイメージとしては正確なものではないかもしれない。僕たちには、どちらか と言うと映画の瞬間的なシーンのようなもので、観客はある人物とその状況が垣間見え、また別の人が見えると言う感じだ。それぞれの場面はわずかな時間しか 見えないけれど、見ている人にはすべての出来事が同時に起きていることが理解できるようになっている。

それぞれの魂が移行をどの程度理解しているか、どのくらいの移行援助が必要か僕たちはすぐに見て取る。そしてエネルギーのつながりが形成されることで、僕 たちは必要とされる場所に導かれるんだ。お母さんがそんな混乱する中でどうやって見分けがつくのかと思っているのは分かるけれど、僕も説明のしようがない んだよ。でも確実に完璧にこれはなされるんだ。

前にも言ったけれど、僕たちの主要な癒しの方法は波動エネルギーなんだ。だから音楽が非常に大切にされる。ここにいる健康な人たちは二点間の明確な振動幅 をもっていて、情熱の高揚と下降や興奮、あるいはどのような波動変動をもたらす感情変化にでも対応するバリエーションをつくっている。ここの領域では怖れ や怒りをもたらす状況になることはないので、通常の振動速度から上昇するのはポジティブな理由からだけだ。到着する人たちの振動速度幅が大きく異なってい るのは、それが地球での全人生を通しての信仰体系と肉体的な環境と死の状況に対応しているからだ。

_______________________________________

8. ありがとう、お母さん。この抜粋には入っていないけれど、その章のそれより前の部分を補足したいと思います。ニルヴァーナへに移行する人は誰でも名 前を呼ばれて歓迎され、その人に必要な特別なケアを受けます。もしその人たちがこの領域(ニルヴァーナ)に戻って来た事をすぐに気づけば、愛情で結ばれて いる家族や友人たちと動物たちによって迎え入れられ、気に入った住居を見つけて落ち着くように助けられます。

9. 僕の母には説明したことですが、僕が”到着する人たち”という曖昧な言葉を使ったのは、地球での転生を離れた魂たちと霊的に進化している肉体を持っ た文明社会から来ている魂たちとを区別するためにだけです。ニルヴァーナは精神(サイキ)を痛めた人たちへの特別なケアと癒しではよく知られているところ なので、何度もストレスの大きい転生を過ごした人たちが休息と再生のためにやって来ます。また科学に関する上級専門講座を教えにやって来ている人たちもい ますが、ここにいるほとんどは訪問者たちです。この領域世界の類い稀なる美しさと多様性は広く知られていて、その高い波動レベルとエネルギーが合う人たち の人気あるバケーションスポットになっているのです。

10. 僕はここに住んでまだ12年以上にはなりませんが、ニルヴァーナは僕の故郷と言ってもいいでしょう。宇宙のこの部分領域にいるほかの文明社会人た ちが、地球のニルヴァーナに相当する彼らの霊界領域を査定し改善する手伝いをする仕事で僕が呼ばれて出掛ける合間にしばらく戻るだけです。

11. さて、僕たちとほかの光のメッセンジャーたちが何度も来るべき混乱をあなたたちに警告してきました。いま僕たちは、それがここに来ていると言って いるのです。つい最近までは、地球が深い第三密度から抜け出る旅は何も知らない人たちにはまったく気づかないようなことでした。それがいま、彼女が第四密 度の入口に近づいているとき、世界変革に一番近いところにいるのがあなたたちです。この惑星はべつのエネルギー次元への旅を加速しています。そこでは、ほ かの天体との相互作用によってネガティビテが急速に根絶され、闇の陰謀に根ざしたものはすべて明らかにされるでしょう。今年の暮れから来年に掛けては、地 球の可能性のエネルギー場は闘争的活動に溢れていますが、やがては光の勢力の勢いによって最後の闇の断片も消滅するでしょう。

12. 大きな混乱のために、2012年の終わりの黄金時代の夜明け前に起こるべき、そして起こることになる出来事を正確に何時かと決めることは不可能で す。とくにライトワーカー(光の使者)たちは、僕たちの宇宙ファミリーたちの存在のことを知っているので、いつあなたたちの中にいるその宇宙ファミリーた ちが姿を現して自己紹介し、上空にいる宇宙人たちが着陸するのかと心待ちにしています。僕たちはそれがいつになるのか知りません。なぜなら彼ら自身も知ら ないからです。でも彼らたちもあなたたちと同様にその日の来るのを心待ちにしています。彼らが正しいタイミングを慎重に計って決めようとしていることを疑 わないでください。ですからそれまでは、これまで何年も絶対必要な方法でやってきたのと同じように彼らがあなたたちのためにはたらいていることを確信して ください。

13. 第四密度へ向かう地球の旅の最終段階の間では、光の中にしっかりと留まっていてください。 あなたたちにはこの変化を乗り越えるための準備が生まれながらに整っています。でもそれは、閉ざされたこころによって第三密度の限定された精神性とスピリ チュアル(霊的)な明晰さの欠如から自由になれない人々には難しいことになるでしょう。答えを求め、こころを開こうとしている人たちに光を送ってくださ い。でも、”光を見る”こととそれに積極的に応じるかどうかはその人個人の選択だということを肝に銘じてください。

14. 前のメッセージでも言いましたが、光を受けて肉体的な生存を得るよりもこの転生を離れることを選ぶ人々がたくさんいますし、ほかにもたくさんの人 たちが魂の合意の選択に従って離れるでしょう。彼らもあなたたちもそれがどうなっているのか意識レベルで知ることはありません。あらゆる魂はワンネスの分 けられない分身であることを思い出し、大勢の人たちが離れて行くからといって悲しむのではなく、その人たちにとって最善を祈ることこそ、あらゆる魂たちに とってもっとも恩恵をもたらすことなのです。

15. 宇宙のあらゆるものが加速モードに入っているので、いまは言わば、価値あるものとそうでないものを選り分ける時期です。自分の考えと注意を向けて いることでどれが価値あることで、どれがつまらない価値のないことかを見分けるのです。生活のなかで本当に価値あるものを大事にし、例えば、ポルノ”遊 び”や動物たちを殺すスポーツ狩りや恐ろしい出来事のうわさを信じるというようなあなたたちにとってスピリチュアル(霊的)にためにならないことはすべて 捨ててください。時間とエネルギーとほかのあるものを賢く使ってください。助けがどうしても必要とされるところで、もしあなたたちに物質的に、あるいは金 銭的に支援できる余裕があるのなら、そうしてください。もしそれができないのなら、世界中で政府の改革と環境保護のためにはたらいている人たちや組織の活 動をこころで応援してやってください。

16. もっと多く、もっと大きく、もっと新しいものという文化は、たしかにアメリカ合衆国に限られたものではありませんが、 人々は広告と、経済を維持するためには消費しなければならないという責任感を叩き込まれているのです。そんなことは彼らやほかのだれにでももう通用しませ ん。集合意識は、金銭的、物理的富や社会的地位が成功の度合いであるという幻想から目を覚ましつつあります。

17. なんでも獲得しようという文化がアメリカだけではないように、イルミナティの活動もアメリカに限られるわけではありません。それは今回の日本のこ とでも明らかです。けれども、アメリカは彼らの国際的な活動の本拠地になっていて、そこではアメリカがユートピアのようなところだという認識をつくりあげ ています・・あらゆる国の中でもっとも強く、金持ちの国、民主主義の真のモデルであり選挙民の意思が反映され、ほかの国に干渉するのは人道的な理由からと されています。これは市民が加担しているとか、政府は市民や世界のだれにでもよいことはしないと言っているのではありません。それは、人々によって、人々 のために支配されたユートピアの暮らしと汚れない博愛精神の幻想が急速に消えつつあると言っているのです。それは当然なことです。

18. 数ヶ月前ハトンが、オバマ大統領は強力な反対に直面していて、あなたたちの励ます気持と彼とその家族のための祈りの必要性について熱っぽく語りま した。さまざまな問題を改善するために大統領に選ばれたのに、どうして彼ははそれを放置したり、かえって悪くするような政策を次から次とするのでしょうと 訊いて来るEメールで、僕の母はいまでも質問攻めに会っています。質問者は、憲法に定められている以上の権限を大統領府に帰しているかもしれませんが、こ の政府は長い間イルミナティの拠点であり、彼らの目的がこの国に対する間違った考えをつくりあげるということを理解していません。彼らは多くの国会議員を いまだに支配しているために、その支配が終わらない限り、オバマは国家改革に向かってその政権を導き、彼が心血を注いでいる平和な世界への達成はできない でしょう。

19. この国では一方で、いくつかの州の市民と議員たちが雇用福利の軽減や削除する法案に反対して戦っています。この激しい反対運動は、思想的なスタン スを対立させている対極性を体現していて、それらが政治的世界で表に現れているのです。もちろん、これはアメリカ合衆国に限られていません・・この対極化 は、見せかけの市民統治に統治される側の人々の不満が盛り上がっているあらゆる国々に影響を及ぼしています。このように、世界中でたくさんの大規模な変革 と課題がこれから待っているのです。

20. 僕たちにはあなたたちの思いと気持がわかります。ですから、光を受けいれている多くの人たちの課題があらゆる情報を見極める力を開発することであ り、外からの来るものに頼るのではなく、こころの中に答えを求めることであり、魂から意識に送られるメッセージに気づくことだと知っています。そのメッ セージを無視することはいつでもできます。でも、直感や洞察や良心などとしてやって来るものは、生まれる前に合意した選択事項に従おうとする魂の現れであ ることを知ってください。

21. 真実を見極める力は、情報の正当性を計る知的能力以上のことです。書かれた言葉はエネルギーを発しています。あなたたちの感覚は思考分析力にくら べればはるかに何が本当で嘘か見極める力があります。もしエネルギーがあなたのこころに快く流れるのであれば、その情報はあなたたちの魂レベルの知識に一 致しているのです。もしそこに抵抗を感じたら、その反対であるということです。また、光のソース(情報源)からのメッセージが言い方や細部についてかなら ず同じというわけではありません・・重要なことは本質的に同じであることです。

22. そのような力を養い、集中力を高めるという暇がもうあまりありません。ですから、高いエネルギーレベルで地球はすでにアセンションの段階に到達し ているので、見極める力を身につけることがもっと簡単で、直感力もさらに強くなっていることを知っておくのもよいでしょう。付け加えますが、もし単原子の ゴールド(金)を手に入れることができるのなら、見極める力を強化させる助けになるでしょう。 23. 意識が高まっている別の例は、ありふれた事柄への好奇心とスピリチュアル(霊的)な成長に重要な情報を求める意識とがはっきり分かれてきているこ とです。しかも、後者の場合求めている答えがすべて与えられなくてもいいのです。ある特定の情報がそのときにあなたたちの成長に重要であれば、それはやっ てきます。もしそうでなければ、必要なときに必要な答えがくるでしょう。

24. 肉体的な細胞変化の徴候をどう見分けるのか、そしてそれをどのように緩和できるのかという質問を受けています。これについては過去のいくつかの メッセージで言及しているので、その情報をもういちど読みたいと思っている読者たちが簡単に見つけられるように、それらの日付リストをここに書いてほしい と僕の母に頼みました。 (2004年3月1日(未訳)、2008年3月23日、2009年3月10日、2010年8月13日)

25. 精神的と感情的な病気に関しては、原因が実際にカルマの選択である場合がありますが、だからといってその病気の深刻さがそれだとはかぎりませ ん・・あなたたちの世界のあらゆる側面で汚染している有毒物質がからだ の影響を受けやすい部分の症状を悪化させているからです。そしてもちろん、ほかのすべての病気と同様に、そのような種類の病気は地球がより高い、さらにま た高い第四密度の波動エネルギーに入るにつれてだんだんと治って行くでしょう。けれども、地球と一緒に旅ができるかどうかは、その人の魂の合意にある寿命 と、その自由意志による決定がどこまでその合意に沿ってきたかによります。

26. ”ツイン・ソウル”についての質問があるので、”ソウルメイト”と”ツイン・フレーム”との混同があるようです。お母さん、その違いを説明しているメッセージの日付をお願いします。(2007年3月4日(未訳))

ありがとうございます。

27. あらゆる偉業は、その元が地球外から始まっていて、驚くべきことをするとされている天才や神童たちには、その進んだアイデアをもたらした魂たちと交信できる生まれながらの直感力や能力があるというのは本当でしょうか? それに近いのですが、まったくそのように起きるわけではありません。地球で知られていることは、すべて宇宙のこころにすでに存在していることです。でも、天才や神童たちの偉業はその情報を引き出すだけで自動的にもたらされるわけではありません。

まず、それらの魂たちはニルヴァーナにいて次の転生を選びますが、その際遺伝的特質とほかの理由、たとえば精神性と才能が育まれる場所や教育のための充分 な経済的環境、人生の目標への支援などのためにふさわしい両親を選ぶのです。一旦肉体をもって転生すると、例えばあなたたちの一流の科学者たちは、進化し ている宇宙文明社会の科学者たちからフィルターリングプロセスを介してアイデアと知識を受け取り、それらを発展させるのです。けれども音楽は魂からもたら されます。その強力に内側からもたらされる創造的なフォースはこれらの希有な才能に恵まれた人たちを突き動かし、あらゆる障害を乗り越えてその才能を開花 させるのです。

28. もし人間たちが病気の野生動物を殺したり群れを間引かなければ、母なる自然は動物たちの病気と過剰増加を解決してくれるのでしょうか? もし人間たちがまったくどのようなことにでも母なる自然に介入しなければ、あなたたちの世界のあらゆるものはかつてあったように調和とバランスの中にあるでしょう・・そして、またふたたびそうなるのです!

29. 私が面倒をみている孫たちのために、どうしたらより良い世界をつくる助けができるでしょうか? あなたのなんとか助けたいという気持が光を生んで助けになっているのです。でもそれ以上のこともできます。太陽のように黄金の光に輝いている地球を想像し てください。そして、あなたの孫たちがその年齢と興味にふさわしい状況にいる姿を”見る”のです。それは一生懸命に勉強している教室かもしれませんし、友 達たちと楽しく遊んでいる運動場かもしれません。あるいは、野花が一面に咲いている草原を走り回っていたり、きれいな水辺で泳いでいたり、音楽の練習をし たり、ペットを可愛がっているのかもしれません。子どもたちがどこにいても健康で喜んで輝いている姿を見るのです。

30. 子どもたちの年齢にふさわしいレベルで、あなたが信じているスピリチュアルなことと知識について子どもたちに話してください。例えば、動物たちと 地球自身に対する思いやりと誠実さ、寛大さ、優しさと敬う心を子どもたちに教え込んでください。一人で考えること、賢い判断をすること、他人の目で物事を 見ること、ユーモアにあふれ、そして他人のニーズを思いやるこころを持つことを教えてください。そして何よりも、子どもたちが安心できるようにあなたたち の愛で包んでください。

30.  これらのアドバイスは子どもを育てている人ならばだれでもすることで単純に見えるでしょう。そしてあなたたちはすでにそれ以上のことをしているかもしれま せん。もしそうであれば、あなたたちはあらゆる人たちのためにより良い世界をつくる計り知れない手助けをしていることになるのです。

31. またふたたび僕たちは言葉だけのさようならを言います。僕たちは愛の中にあなたたちと永遠に一緒にいるのですから。
                             _________________________
愛と平和を
Suzanne Ward
Website: The Matthew Books

訳文責: 森田 玄


MATTHEW BY Suzy Ward
www.matthewbooks.net- ALL TRANSLATIONS
http://livrosmatthew.blogspot.com - PORTUGUÊS (PORTUGAL)

13 February 2011

Matthew Ward

 February 13, 2011


エジプト・チュニジア、ライトワーカー、光を生きる、経済システム・つぎの改革、ほかの分野の変化、テレパシー交信とガイダンス、識別力とガイダンス、自由意志、ソウルメイト


1. この宇宙ステーション(領域)にいるすべての魂たちからこころからのご挨拶をします。マシューです。チュニジアの市民たちと同様に、勝利を収めたエ ジプトの人々を僕たちはとてもうれしく思います。そして、自由を求める声が連帯して平和的にわき上がるすべての国の人々にも同じように思うでしょう。過去 数週間の出来事は、光が集合意識に浸透していることの明白な証拠です。それを、あなたたちの世界は、目的をもってひとつにまとまった人々のパワーとして目 の当たりにしているのです。地球の可能性のエネルギー場では、この活気づいたエネルギーの止めようのない勢いは、あなたたちの世界があらゆる形の抑圧と迫 害と貧困から自由になる日の到来を速めています。
2. これから先、宇宙のあらゆるものが加速しつづける中で、重大な出来事が次から次と、あるいはそれどころか同時に起きて来るので、頭がクラクラしてく るほどでしょう。イルミナティはボロボロになって残っている自分たちの支配が終わりになるのを見て、これから現れて来る真理はとんでもないものだと人々を 説得しようとするでしょう。そして何も知らない同調者たちは、自分たちの固い信念をひっくり返されまいと抵抗するでしょう。例えば地球の文明社会の起源で す。頑強な進化論支持者たちと、それと等しく聞く耳をもたない天地創造説論者たちが、両方とも部分的に正しく部分的に間違っているという真理をどう困難な く受け入れるでしょう?宗教の本当の目的とキリスト教の根幹になっている虚偽についての真理が明らかにされるとき、それは敬虔な信者たちにとってさらにど れだけ困難なことになるのでしょう?
3. それらの驚くべき真理が明らかにされると同時に、さまざまな大きな変化がもたらされると、それは多くの人々には衝撃的なことになるでしょう。この混 乱と不安はすべて地球が第三密度から抜け出る前触れであることを知っているあなたたち、ライトワーカー(光の使者)たちは、これからの数ヶ月の困難を乗り 越え、困っている人たちを助けるための理想的な心構えができています。
4. ライトワーカーについてちょっと話しましょう。何百万の人々がそれぞれに平和と自由のための国際的な瞑想と祈りの集会とデモに参加しています。たく さんの個人と団体は地域支援プログラムに関わり、ほかの人たちは海外の人々の支援活動やそのような活動をしている団体を金銭的にサポートしています。いま 世界中のたくさんの人々が、自分たちの地域や国や世界をより良くしようとはたらいています。
5. そして、それらの何百万のうち比較的わずかな数の人間たちが自分たちをライトワーカーだと思っています。彼らは自分たちのこころに従っているのです が、精神の団結、補助と分かち合いで助けて行こうという思いやりの団結・・光の神性なる活動の団結です・・によって創造された輝く光が、あなたたちの世界 全体の波動を高め、地球のアセンションの旅の勢いを増していることには気づいていません。でも、それらのライトワーカーたち・・実際は、世界人口の大半な のですが・・はアセンションとか黄金時代についてはまったく何も知りません。彼らは状況をよくしようと一生懸命にはたらいていますが、あまりにも欠乏して いることの多さに圧倒されそうで、それらの親愛なる魂たちの多くが、「なんという世界を、私たちの子どもたちとそのまた子どもたちが引き継ぐのだろう?」 と絶望しているのです。
6. あなたたちは自分たちがライトワーカーだと知っているのですから、自分たちが光をつくっていることに気づいていない大勢の人たちから刺激をもらっ て、あなたたちの周りの気づいている仲間たちを越えて援助の手を差し伸べることができるでしょう。まだ何も知らされていない人たちの絶望感によるネガティ ビティ(破壊的エネルギー)を、単にあなたたちが光に生きることによって無くすことができます。僕たちは説教したり布教活動することを言っているのではあ りません。あなたたちが輝くような精神で生きることで、あなたたちの歓びと自信のエネルギーがあなたの周りのすべての人たちを動かすことを言っているので す。ですから、あなたたちの光を最高の輝きで照らしてください・・それがもっとも意味のある、充実した人生のミッション(目的)です。
7. でも、あなたたちの知っていることを隠すべきだとは思わないでください。あなたたちも知っているように、家族や友人たち、隣人たち、同僚たちは彼ら の考えや信条に合わないものは何でもなかなか受け入れようとはしないものです・・彼らにはまた別の”光を見る”機会があることを知って、それを尊重してく ださい。でも魂の探求者たちにとっては、直感と信念を分かち合える仲間をもつことは非常に心強いことですから、頭が柔らかい人たちが話をしてもいいと言っ たら、その人たちが気持ちを害さなく聴ける範囲でできるだけのことをしてください。彼らがいくらかでも疑念を抱いているように見えても、あなたたちはやが て成長して満開に花咲くかもしれない種を植えたのです。地球の光は、あなたたちの誰もが意識レベルでは思い出せないほど強くなっているので、こころが広く 開いているように、人々の意識も先入観をなくしつつあるのです。
8. 国民の暮らしをより良くするための改革にすでに着手しているところも含めて、今さまざまな変化が多くの政府にあきらかに現れて来ています。ですか ら、つぎの段階は国内と国際的な経済システムにあきらかな変化が起きて来るでしょう。その新しいシステムと十分な専門知識と誠実さを備えた管理責任者たち 全員は準備が万端に整っていますが、古い体制から新しいものへの転換は急速にはいきません。イルミナティの金融システムを完全に取り除かなければ、貴金属 本位性の金融システムへの移行が思うようにスムースにいきません。金融機関による”平常業務”を防止する規制を講じなければいけないと同時に、国家貨幣価 値の均等化も進める必要があります。
9. 各政府を支配して来た多国籍企業には法的な規制を課し、そのロビー活動を終わらせ税の抜け穴を塞がなければいけません。不正な方法で被った国家の負 債は・・外国資本による資源の買収と外国援助金が国のインフラ整備ではなくエリート層に行っていることです・・スピリチュアル(霊的)と精神的に高潔な男 性と女性たちが政権の座につけば無効にされるでしょう。そして、資金の投入とそれ以外の支援によって最低生活基準の状況がなくなるでしょう。個人とビジネ スの公正な課税制度を設けなくてはいけませんが、同時に難民を自国に戻し、ホームレスに住居を提供し、差し押さえになっている資産状況を改善させなければ なりません。
10. 雇用機会の創設と助成金によって、求職者たちが専門分野の職に復帰し、あるいはほかの職業への訓練を受けられるようにしなければなりません。また 商品やサービス、技能そのほかの能力への報酬は均等にしなければなりません。すべての子どもたちと大人たちに通学の自由が認められ、教育は普遍的な真理が 反映され、高校卒業後の教育コストは一般の手の届く範囲にされ、そしてあらゆる分野の芸術教育が意欲ある生徒たちに開かれなければなりません。
11. 農業は自然と調和するものでなければなりません。食用動物は人道的に扱わなければならず、地球のすべての魂たちに豊富な滋養ある食物がなければな りません。自由エネルギーの利用が実践され、化石燃料の使用は終わらせなければなりません。適正な医療がすべての人々の権利にならなければなりません。司 法と刑罰制度を改正し、不正を改め、すべての奴隷取引を終わらせ、所有物とみなされている社会的地位の低い女性たちを尊重しなければなりません。メディア コントロールを終わらせ、同様に麻薬とポルノ産業とあらゆる種類の汚染そして環境破壊を止めなければなりません。
12. 実行をいま切に求められているそれらの分野を僕たちが言及するのは、それらのどれもが驚くべきことだからではなく、それらの”なければならない” と”なるであろう”状況と、あなたたちの世界の暮らしを計り知れないほど高めることになるほかのたくさんの状況が、現在計画から実施までのいろいろな段階 に確かにあることをあなたたちに言いたかったからです。この画期的な事業は・・第三密度世界の転移とその文明社会のスピリチュアル(霊的)再生は言うまで もなく・・支援を得て、かつてないスピードで起きています。これは地球だけでなく宇宙でも希有なことなのです。あなたたちは思考パワーを知っています ね・・揺るぎのないポジティブ(前向き)な考えは壮大な変化の結実を速めるのですよ。
13. べつのとても重要な分野は、地球がテレパシー交信の開通を可能にするエネルギー領域に入っていることです。だれでもこの魂と魂との交流能力を生ま れながらに持っています・・それは魂の一成分と言えます。地球により高い波動が行き渡るにつれ、そのような交信が以前よりも早いスピードで開かれていま す。でも、もしまだだからといってがっかりしないでください。その時期が来れば必ずそうなりますから。でも、例えばニルヴァーナにいる愛する人とどうして も交信したいという切迫感があると、それがエネルギーバリアー(障壁)をつくり接続を遅らせてしまうので注意してください。
14. 光の存在たち・・霊体であるあなたたちの愛する魂たちや高位の領域にいるマスターたちやスピリチュアル(霊的)に進化している肉体をもった宇宙文 明人たちです・・だけがあなたたちと話そうとしているのではないことに気をつけていることが大切です。 闇の存在たちも同様にあなたたちに近づいて嘘の情報を伝えようと待ち構えているのです。そのような彼らを追い払うのには、キリストの光(創造主の愛の顕 現)の保護を求め、光の存在たちのみがあなたたちに近づけるのだと要求するのです。
15. 保護を求めるのとそれを受け取るのはいたって簡単ですが、それなりに責任をもって行動しなければなりません。もし疲れていたり、病気やなにか悩み 事を抱えている場合は・・ストレスの多い状態がなんであっても・・けっしてテレパシー交信をしようとしないでください。あなたたちのエネルギーレベルが非 常に低下して光の存在たちの高い波動に届かないため、そうすることは低位の存在たちにいつでも来てくださいと言っているようなものだからです。初心者は自 分に自信を失いがちですが、それもまた低い波動を生んでしまいます。ですから、これは生まれながらにある能力だということを思い出して自分に自信をつけさ せてください。でも、うぬぼれてしまうとかならず低いレベルの存在たちに近づいてしまいます。なぜなら、傲慢さには光とは相容れないエネルギー付着がある からです。その一方で、謙遜と感謝には光の波動があります。
16. テレパシー交信の相手から発せられる光はこころで共鳴することを知って、それを導きとしてください。低い存在のエネルギーは光に対する抵抗や阻害 因子のようにはたらき、接続を止めるようにあなたたちに警告して来ます。なにを達成するにしても同じように、 練習によって発信元の波動が高いのか低いのかを見極める力が強化されると同時に、メッセージを明確に受信する能力も向上させます。
17. テレパシー交信の増加と相伴って起きているのは、あなたたちの爆発的な”情報の時代”です。あなたたちは情報の氾濫の中にいます。何が真実で何が 違うか見極めることは、正確な情報を得るためばかりではなく、識別力を養うことがスピリチュアルな進化での前進になるために重要なのです。インターネット によって、以前では比較的一握りの人たちにしか知られなかった確実な情報が、世界中に一瞬にして配信されるようになりました。それはたくさんの事実を報道 するにはベストな情報発信源ですが、それと同時に地球の内外にいる闇の存在たちにも便利なものです。
18. 彼らの計略を推し進めるために、よく知られているスピリチュアルな情報に嘘をちりばめて、高位の光の存在からのメッセージだと称する資料が実際に 政府や企業の書類に書き込まれているかもしれません。ほかのケースでは、情報を受け取る人たちやチャネラーたちが、自分をよく知られた尊敬されている光の 存在だと主張する最低位のエネルギーの存在たちに接触していることに気づかない場合です。すると彼らは偽の情報を伝え、それを受け取る側が流してしまいま す。いくつかのメッセージは・・海と陸地に大変動が起きて、あなたたちはETによって救出されなければならなくなり、そして地球に戻ったときは地底生活を 余儀なくされるといった話・・まったくのナンセンスです。
19. あらゆる情報はこころに問いかけて、真理が座するあなたたちの魂と意識レベルでつながることで本当か見極めてください。もしその情報がこころにス ムースに流れるようであれば、それは魂の真理と一致していることです。もし動揺させるような、あるいは抵抗を感じるようであれば、そうではありません。か つてないほどに光が強くなっているこの時期は、過去2千年のどの瞬間にくらべても、こころのひらめきがこれほどはっきりと力強くあきらかになっているとき はありません。けれども、固い信念と合致する情報以外にはすべてこころを閉ざすのであれば、魂のメッセージはそのバリアー(障壁)を通り越せません。
20. そうですね、こういったことはすべて僕たちやほかの光のソース(情報源)からのたくさんのメッセージで語られていることを僕たちは重々承知してい ます。では、どうして僕たちはそれを繰り返して言うのでしょう?僕たちの月々のメッセージが届く頃になると、僕の母はたくさんの人たちから連絡をもらいま すが、その人たちは希望や楽観的な気持ちをもつ根拠を与えてくれるメッセージを心待ちにしているのです。僕たちの情報に信頼を置いてくれていることを僕た ちは歓迎しますが、あなたたちの気持ちを高め、将来の見通しをさらにポジティブ(前向き)にする目的でそれを期待しているのでしたら、僕たちのメッセージ は彼らの目的にはかなっていないことになります。その目的はつねに地球がアセンションして第三密度から出て黄金時代へと向かうこの移行時期へのスピリチュ アルな導きと啓示を提供することです。そこに、僕たちの宇宙ファミリーのメンバーとしてふさわしい場所があなたたちにあるでしょう。僕たちのメッセージ が、あなたたち自身の能力の代わりになるようにと意図されたことは決してありません。
21. 僕の母に書いて来る読者たちとはまったく別に、識別力を養うことに遅れを取り、そのかわりに、求めている答えを僕たちのようなメッセンジャーに依 存している人たちがいます。なんらかの壊滅的な事件がインターネットの記事で予測され、主要メディアが沈んだ空気を報道すると、その人たちは恐怖に陥って しまうのです。僕たちは、たくさんの方法で僕たちの宇宙ファミリーがずっと地球を助けていることをあなたたちに伝えています・・そして、宇宙文明社会の代 表たちもあなたたちにそれを伝えています・・でも、どの宇宙船団も地球に着地して来ないので、あなたたちはがっかりしているのですね。我慢することより も、むしろ起きているように見えることへの不満の気持ちや懸念さえあることを僕たちは承知しています。でも一方で本当の出来事が人々の目からは見えない所 で起きているのです。間違いなく、あなたたちはさまざまなパワーをもつ素晴らしい魂たちであり、自分の能力には限りがあるのだというあなたたちの思考だけ がそれを抑えているのですよと繰り返し僕たちは言っているのですが、あなたたちは自分を信じることにためらっているのです。
22. 僕たちはべつに意地悪な気持ちで言っているのではなく、愛情からだけなのです。これはすべてあなたたち全員がそうだと言っているのではもちろんあ りませんが、もし僕たちの言っていることに心当たりがあれば、ぜひその言葉をよく噛みしめてください。あなたたちは僕たちにとってとても大切な兄弟姉妹た ちです。あなたたちが外に答えを求めるのではなく、こころの内に求め始めることがスピリチュアルな成長にとって非常に大切です。あなたたちが欲しいもの、 必要なものはすべてあなたたちにあるのです・・どうか自分自身を信じてください。あなたたち一人ひとりは、より高位のスピリチュアルな領域にいる魂たち全 員から愛されています。そして僕たちがこころから願うのは、あなたたちが人生をあたかも込み入った不可解な忍耐試験のように見ないことです。人生はシンプ ルです。それはあなたたちのこころからの愛をあなたたちの導きと理解そして歓びとして生きることです。
23. 何人かの読者が自由意志についていろいろな質問をしてきています。
ほかの人たちが私たちの個人的な選択をくつがえすような自由意志を行使する場合は、自由意志はどうなってしまうのですか?
これに応えると、僕たちが言っているのは、自分の”思うようにならない”ときに反抗的になる子どもたちへの賢明で愛情こもった親のガイダンスについてでは なく、分別ある人間どうしの自由意志がぶつかっている場合のことです。ですから、あらゆる生前の合意の基本を頭にいれてください。それらは人生経験を共有 しているすべての人たちのスピリチュアルな成長のためにデザインされています。そこでは、すべての魂たちが無条件の愛から合意し、それぞれがカルマバラン スを達成し、またほかの魂たちが同じようにできるように助けるためのカルマ経験を選んでいるのです。ですから役割によってはどうしてもほかよりも厳しくな ります。そしてカルマは今も展開しつづけているのです。ですから、もしあなたの選択に対立する別の人たちの選択が、結局はあなたにとって最善なものかどう かよく考えてみてください・・たぶん、それは魂の合意にある選択を守りなさいという厳しい導きでしょう。
24. ある人の自由意志がほかの人の自由意志を否定しているために修正された合意についてですが、これが何百万の人たちに起きていることは事実です。そ の人たちは、貪欲で抑圧的な独裁者たちが決めたことによって彼らに降り掛かったひどい苦難と貧困を選んではいませんでした。肉体生を早く終わらせる彼らの 魂レベルでの修正合意の要請が尊重されているのはその理由のためです。けれども、魂のパーソネージ(肉体をもって転生してきている人格)が人生の状況に不 満だからという理由で合意の修正を要請したとしても、それが変えられることはめったにありません。
25. そしてそのことは自由意志を行使することについてのほかの可能性の問題を提起します。あなたたちが自由意志を行使したいと思っても、その方法がそ れと対立する人たちと異なる場合、それはあなたの魂からのガイダンス(導き)かもしれません。変化を起こすことが危険だったり困難に見えるために多大な不 安を引き起こす状況にあなたたちがいる場合に、このことが当てはまります。魂レベルのメッセージ・・直感、良心、強い動機、インスピレーション、強い願 望・・は、魂が意識の注意を引こうとドラムをさらに強くたたいているので、以前に増して強くなっているのです。 単に自分にとってもっとよい状況をあれこれ思いやるのではなく、体制に対する不満と、ほかに代わるものを要求する強い感覚を伴った根強い不満は、あなたた ちが魂の合意のほかの部分を経験できるように変化が必要だとあなたの魂が言っているのです。それが場所を変えるのか、人間関係を変えるのか、違う方向の学 校を捜すのか、同じ種類の新しい仕事につくのか、新しい職業につくのか、いずれにしても、もしあなたたちが内なる声にしたがえば、こころから夢中になって できるでしょう。
26. それから自由意志のほかの面についての質問がありますが、それらをすべてまとめると;
ほかの人に深刻な影響を与える私たちの決定が、私たちの生前の合意にあるのか、あるいはその人の自由意志の行使を妨げることにならないのか、どう知ることができるのでしょう?
分析したり理屈づけはただ堂々巡りになるだけでしょう。こころにその状況への気づきを求め、魂の答えをこころに導いてみてください。そうすればあなたたち が受け取るものがあなたたち自身と供に相手の人のスピリチュアルな成長へのガイダンス(導き)であることが分かるでしょう。
27. 自閉症の大幅な増加は意識の変化となにか関係あるのでしょうか?
まったくありません。自閉症に似た症状をもつ子どもたちが増加しているのは、ワクチン予防接種の中の有毒物質によるものです。その症状は大気、水、土壌中 の汚染物質と食品添加物と処方薬によって悪化しています。本当の自閉症ははるかに稀なものですが、その魂が経験することを選んだ結果なのです。それに、そ の転生を共有しているほかの関係者たちがすべて合意したのです。そして自閉症もそれに似たような症状も、短命が魂の合意事項でないかぎり、その子どもたち が地球とともに肉体を持ってアセンションする妨げにはなりません。
28. いいえ、光を保持したり繋ぎ止める・・あるいは放射する・・能力は個人の肉体的な大きさとはまったく関係ありません。それは光に満ちた想いであり意思です。それが光を生み、広げるパワーがあるのです。
29. クローン人間のことがどのように知られるようになり、人々はどう反応するのでしょう?
その情報がどのように明らかにされるのか僕たちは知りませんが、クローン人間があなたたちの世界ではまったく思いも寄らないことなので、現実的には受け入 れるまではショックと疑念がわき上がることが予想されます。でも、それによって影響を受ける人間は非常に少ないので、クローン人間の暴露による衝撃は、宗 教に関する真理やイルミナティの長い支配、地球のアセンション、黄金時代の与える計り知れない衝撃にくらべれば物の数ではないでしょう。
30. 自分のソウルメイトを知ることはどれほど大切なのでしょうか?ソウルメイトが分からないとアセンションできないのでしょうか?
ソウルメイトについて誤解があるので、僕たちの答えは何がそれで、何がそうでないかという説明が主になります。ソウルメイトは、”おたがいにひとつ”で、 その転生でおたがいを見出すまでは”成就”できないというこの全宇宙にふたりだけの魂のことではありません。あらゆる魂は同じグループ、すなわち魂のクラ スター(集合体)と一緒にたくさんの転生を共有します。そしてそれらの転生の中でそれぞれの魂はたくさんの異なる役割を演じるのです・・男性、女性、異性 愛者、同性愛者、母親、父親、パートナー、娘、息子、友人、敵、教師、生徒などです。それらの転生はコンティナム(時空連続体)の中で起きています。そこ ではそれぞれの魂のパーソネージ(肉体を持って転生した魂)が非常に多くのほかのパーソネージたちと同時にたがいに交流しています。魂レベルでは、すべて の魂たちが分けられないつながりであることを知っているのです。
31. これらの人たちが地球で出会うと、魂レベルでおたがいが誰だか分かり、そしてまた再び肉体を持った転生を親密に分かち合うことを選んだのだと知る のです。意識レベルでふたりは魅力を感じますが、それはふたりにとって特に意味あることになるのです。これはあらゆる関係にあるふたりの人間に当てはま り、それはかれらの人生形成にあたって特に大きな影響を与えることになります。彼らがおたがいにロマンチックに魅了されるとき、自分たちをソウルメイトだ と思うでしょう。実際ふたりはそうなのですが、そのような親密なつながりを感じられる唯一のふたつの魂というわけではないのです・・彼らと同様に親密な関 係があるのだけれど、意識レベルでは思い出さない宇宙にいるほかのすべての魂たちをそれでは除外してしまうからです。あなたたちがスピリチュアルな進化を つづけるうちに、あらゆる魂たちは無条件の愛でむすばれていることが分かるでしょう。それは、それがあるからソウルメイトが見つかった思っている恋人同士 が抱くロマンチックな愛より、はるかに崇高な感情なのです。
32. あなたたちの進化の旅は一瞬たりとも一人だけではないことを第一にいつも忘れないようにしてください。この宇宙のあらゆる光の存在たちがあなたた ちと一緒にいて、あなたたちの想い描いている世界を創造する手伝いをしています。宇宙のコンティナム(時空連続体)では、あなたたちがすでに創造している 世界です。
                             _________________________
愛と平和を
Suzanne Ward
Website: The Matthew Books

訳文責: 森田 玄


MATTHEW BY Suzy Ward
www.matthewbooks.net- ALL TRANSLATIONS
http://livrosmatthew.blogspot.com - PORTUGUÊS (PORTUGAL)

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき

criator

Prime Creator Makes an Announcement


by Kathryn E. May, PsyD

on 08/02/13

http://disclosure-2012.com/page/482254554


主創造主は次のように語られた。:

愛なる皆さん、私はあなた方と直接お話することは、頻繁にはありませんが、今は、あなた方の世界について、あなた方、特に、借金の返済や、家族を養うため に非常に忙しく働いている人たちにとって、振動数を上げるように懸命に集中することが如何に大切なことなのか、お話する機会を持つ特異な時です。

のように忙しく働く時は過ぎました。終わったのです。支払うべき借金はありませんし、家族を養うために稼ぐ必要もありませんし、退職をしても生き残りを図 る必要もありません。退職はどんな途方も無い夢をも超越する栄えあることですし、あなた方になんら負担を強いず、地球上の時刻がどのような時を示していて も今から始まることなのです。これは生涯からの引退ではなく、死でもありません。あなた方は今、星への壮大な旅の境目にいるのです。

なた方の兄弟、姉妹たちが頭上で待っています。晴れた夜に空を見上げてください。挨拶を彼らに送ってください。そうすれば、彼らのものだとあなた方には思 われ、間もなくあなた方と一緒になり、あなた方の間を歩き回り、あなた方を抱擁し、あなた方と共に祝賀の歌を歌うことを示し、彼らの喜びをも示す、宇宙船 の色つきの照明を点滅させてくれるでしょう。あなた方を向上させ、限りない愛と光をあなた方に教える宇宙エネルギーを伝送するグリッド線に沿って数千の宇 宙船が滞在しています。

Read More